考えている男性

カンジダ症は日本人女性の20%が生涯に一度発症するとされているほど、発症頻度が高い感染症です。注意するべきなのは自覚症状です。おりものの変化と外陰部のかゆみは典型的な症状で、性交痛もマストの徴候になります。常在菌の一種なこともあり、性行為が感染経路の経路として警戒する必要があります。まれに自然治癒することもありますが、放置しておけば感染は拡大し、炎症などは悪化し慢性化するのが一般的です。治療薬も使用して適切にコントロールするのが賢明といえます。

カンジダの症状があらわれるメカニズム

カンジダとはカビなどと同じ真菌の一種で、皮膚や口腔・腸管粘膜などあらゆる部位に一般的に分布しておる常在菌のひとつになります。細菌などの微生物に感染して自覚症状が出てくると、『感染経路』が問題となります。性交渉などの接触感染を経路にするものは、性病のカテゴリーに分類されます。おもに膣などの性器に症状が出現するので、性病と想定されがちですが厳密には異なります。性交渉を持たない場合でも感染していることが多いからです。普段は病原性を発揮しないのが特徴ですが、なんらかのきっかけで異常増殖することで炎症などの病原性を発揮することになります。通常は膣内部や外陰部には、デーデルライン乳酸菌という人体にとって有益な微生物が豊富に分布しているのです。成人女性の膣内部には糖分やグリコーゲンが豊富に存在しています。これらをえさにしてデーデルライン乳酸菌がほかの常在菌に対して優位にたっているので、膣内部を弱酸性の状態を維持しています。ところが生理周期や免疫機能が低下するなどの影響で他の常在菌が大量に増殖すると、デーデルライン乳酸菌のえさになる糖分やグリーコーゲンが、ほかの細菌などに消費されてしまうので膣がアルカリ性に傾くわけです。その結果病原性の高い細菌などが優位にたつことになり、カンジダが異常増殖する土壌が形成されることになるわけです。そのため膣の自浄作用が機能しなくなり、炎症症状が引き起こされることになります。膣の細菌バランスが崩れる背景には、消耗性疾患や疲労蓄積やストレスなどを原因とする免疫力の低下も重要です。

カンジダによって引き起こされる症状

カンジダは常在菌の一種であるため、皮膚や粘膜などあらゆる部位に分布しており、なんらの変化ももたらすことはないわけです。人体には人間にとっての有益性の有無の観点から、有益なものと有害なもの、両者の中間に存在する日和見菌などに分類することができます。カンジダは有害なものが優勢になると、病原性を発揮する傾向が濃厚なので、中間の日和見菌に分類されることになるのです。そして最も『自覚症状』が出現する傾向が高いのが、成人女性の膣になります。主なものは、おりものの変化と性交痛になります。膣カンジダに特徴的なおりものは、全体の色合いが白くなるというものです。おりものの色合いが白くなると同時に、見た目がカッテージチーズに類似して、粥状になっているという特有の形状をしています。粘度も高く若干の粘り気を伴っているのが一般的です。また膣全体の自浄作用が機能しなくなっていて刺激に対して敏感になっているため、性交痛を伴うことになるわけです。炎症が膣から拡大し外陰部に波及すると、外陰部が発赤しかゆみが出現することもあります。かゆみの程度は軽度のものから、焼けるような灼熱感を自覚する場合もあるなど、個人差が大きいようです。ごくまれに免疫力の自浄作用で、『自然治癒』することもありますが、適切に治療薬を使用しないで放置すると炎症は悪化し感染範囲が拡大し、尿道炎などの尿路感染症などに発展する可能性が否定できないので治療に取り組むのが鉄則です。カンジダは水虫などと同じ真菌に属するので、抗真菌薬が有効で症状を速やかに鎮静化することが可能になっています。

記事一覧
カンジダ治療薬のフォルカンを通販で購入してみよう! 2019年09月05日

従来は膣カンジダ症の治療薬は、クリームや軟膏タイプか膣錠だけの選択肢しか存在しませんでした。いずれも使用に際しては患部も指も清潔な状態にして塗布したり、膣内部に...

ニゾラールクリームでもカンジダ治療ができる! 2019年09月20日

ニゾラールクリームは日本国内では1993年に厚生労働省より承認を取得した水虫治療薬になります。水虫もカンジダと同じ酵母という共通点をもっており、いずれも真菌に分...

カンジダの疑いがあるなら性行為は控えて! 2019年10月27日

膣カンジダの確定診断を受けて治療中はもちろんのこと、自覚症状があり疑いをもっている段階でも性行為は控えるべきだと考えられています。膣カンジダの感染の原因は必ずし...

膣カンジダの悩みは何科で診てもらうべき? 2019年10月07日

膣カンジダは常在菌で、身近に存在しているカビの仲間なので女性であれば誰でも罹患する可能性があります。必ずしも性交渉が感染経路になっているわけでもないので、厳密に...

カーネステンクリームでカンジダを治療! 2019年08月19日

膣カンジダには特効薬といえる治療薬が販売されています。日本国内ではエンペシドクリームの商品名で流通していますが、世界的にはカーネステンクリームという名前のほうが...

カンジダの再発を防ぐ為にできること 2019年08月07日

カンジダは全身の皮膚や消化管粘膜や口腔などあらゆる部位に分布している常在菌の一種です。どこで異常増殖して炎症症状などが出現する可能性があります。現に皮膚炎や口腔...