• ホーム
  • カンジダ治療薬のフォルカンを通販で購入してみよう!

カンジダ治療薬のフォルカンを通販で購入してみよう!

病原体

従来は膣カンジダ症の治療薬は、クリームや軟膏タイプか膣錠だけの選択肢しか存在しませんでした。いずれも使用に際しては患部も指も清潔な状態にして塗布したり、膣内部に錠剤を挿入して留置する必要があるなど、若干手間取るものでした。
そこで内服タイプの飲み薬の開発が切望されていたところ、開発されたのがジフルカンになります。
ジフルカンは日本国内ではじめての内服型の膣カンジダ治療薬で、発売後特許期間が経過しているので、ジェネリック医薬品も販売されています。

ジフルカンのジェネリック医薬品がフォルカンです。
フォルカンはジェネリック医薬品なので先発薬のジフルカンと同一の有効成分フルコナゾールを含んでいますが、当初の膨大な研究開発費などは不要で製造設備さえ揃っていれば生産できるので、薬価が安く抑えられているのがメリットです。
フォルカンの有効成分のフルコナゾールには、心筋細胞膜の主要成分であるエルゴステロールの生成を阻害する作用に優れているので、カンジダ菌に対して抗菌作用をもたらします。

フォルカンはジェネリック医薬品ではあるものの、日本国内で入手するには病院やクリニックなどの医療機関を受診してカンジダ症である旨の確定診断を受けて処方箋を交付してもらうことが必要になります。
つまり医師の診察料や検査料なども薬剤以外に余計な費用がかかります。
また、保険適用を受けるので3割負担で済むとはいっても、医療機関に時間を見つけて足を運ぶ必要があります。
これでは平日多忙な環境にある方にとっては、適切な治療のタイミングを逸する可能性が否定できません。

そこで迅速にリーズナブルな価格でカンジダの治療薬を手にする方法として、個人輸入代行業者を利用する方法がおすすめです。
個人輸入代行業者を利用すれば通販と同じ感覚で、フォルカンを購入することができるわけです。
個人輸入代行業者を利用する際には処方箋は不要なので、自宅にいながら通販で購入する感覚で利用できます。
医師の関与が無いので副作用などの問題が発生しても自己責任になるのは事実です。
しかしジフルカンは高い治療実績を有しており、副作用も少ない優れたカンジダ治療薬との評価が定着しています。
自己責任とはいっても副作用が少なく安全性が高いので少なくとも一度は医師からカンジダ症との診断を受けている場合には、再発時の治療薬として常備しておくのは意義が大きいと言えるでしょう。