• ホーム
  • カンジダ発症中は注意したい食べ物

カンジダ発症中は注意したい食べ物

カンジダの増殖を促進する要因の中で重視したいのは、食べ物の中身です。カンジダはイースト菌の一種でカビの仲間でもあります。イースト菌などのカビの一種であることが、カンジダ発症中に食べ物を摂取するときの指針を検討するときに重要な視点を提供してくれます。健康な身体状態では栄養バランスなどの面で問題がない食べ物でも、カビ類などが体内で増殖しているような状況では控えるべき食材もあるわけです。速やかに病状を回復させるために注意を払うべきポイントを検討してみましょう。
そもそもカンジダが増殖するときに大量に消費するのが糖分です。なかでも大好物なのが精製された砂糖や糖質を多く含む食べ物全般になります。カンジダの大好物である砂糖を多く使用するスイーツはもちろん、蜂蜜やパン、白米、フルーツジュースなども含まれます。フルーツジュースは新鮮な果物を使用すれば問題ないようにも思えます。しかし果糖を多く含んでおり、糖分を大量に含む点では砂糖とさほど性質は変わらないのです。
ところでイースト菌は酵母菌に属しておりカビの仲間でもあります。カビ同士では親和性が高く、カンジダの繁殖に好条件を提供するためキノコやチーズなどの発酵食品も治療中は摂取を控えるべきと言えます。キノコはもとを正せば菌類に属したものが、成長して食用に供されているに過ぎないのでカビ類と性質が類似します。チーズも酵母の発酵作用を利用した食品なので、キノコと同様の問題を抱えているのです。各種のナッツ類も、案外カビが付着しているのでカンジダ治療中は食べるのを控えるべきといえます。またソーセージやベーコンなどの加工食品も注意したい食べ物の一つです。塩分が過剰なだけでなく、加工の途中で各種の添加物を大量に使用しています。なかには腸内フローラに含まれる善玉細菌を抑制したり殺菌作用を持つ物質もふくまれているため、加工食品を摂取すると腸内細菌のバランスに悪影響を及ぼしかねないのです。反対に積極的に摂取したいのは、海草や野菜、麦芽食品などの食物繊維を豊富に含む食品です。海草や麦芽食品に含まれる食物繊維は腸内環境の善玉細菌に活性を与え、腸内フローラを整える働きが強い特性を持っています。腸内には多くの免疫細胞が存在しているので、腸内環境をサポートすることはカンジダへの免疫力を上昇させることにつながります。キノコやチーズなどは健康のために通常は積極的に摂取するべきですが、カンジダ治療中は控えるべきなので注意が必要です。